ズンズン運動

妊娠7週目検診は感動の涙|日々の美容について

MENU

知らなくて良かった

試さずに済んでよかった

 

昨日、ニュースを見ていたら、「ズンズン運動」「乳児死亡」との文字を発見しました。

 

私は10ヶ月の息子がいますが、「ズンズン運動」なるものを全く知らず…。

 

かなり食い気味に見ていました。

 

赤ちゃんの体を真っ直ぐに縦だっこし、「ズンズン」と、お母さんがかかとを上げ下げしてリズムを取るもののようです。

 

気になった私は速攻でネットで調べてみると、そこには

 

  • 「赤ちゃんとお母さんが目を合わせ、スキンシップを取る」
  • 「赤ちゃんの、笑う、声を出す、などの発育をサポート」
  • 「アトピー性皮膚炎の予防にもなります」

 

なんてことが書かれていました。

 

コピーではないので、これに近いことを。

 

もし、私が息子を生む前にこの記事を見ていたら、絶対に試していたと思います。

 

ただ、よくよく考えてみれば、生まれたての赤ちゃんの自然な姿勢というものは、背中を丸めている姿勢なのですよね。

 

ずーっとお腹の中で丸まっているわけですから、それを生まれたからと言って伸ばしていいはずがありませんよね。

 

頚椎を痛めますし、呼吸もしづらいでしょう。

 

しかも、そのニュースでは、施術をした人は、特に資格もなく、勉強をしたわけでもないんだとか。

 

そうとは知らず、そんな人に赤ちゃんを預け施術をしてもらったお母さんがたくさん居ると思うと、なんだかゾッとしてしまいますよね。

 

これから成長し、たくさんのことを知り、覚え、日本の未来を支えていくはずの赤ちゃんたち。

 

そんな赤ちゃんが亡くなってしまうような事件が、ここ最近多すぎるような気がします。

 

きっと、産まれるべくして産まれたのですから、こんな事件はもう起こって欲しくないものですね。