安定期なんてない

妊娠7週目検診は感動の涙|日々の美容について

MENU

二人目だから思うこと?

辛い時期を乗り越えて安定期に

現在私は2歳の長男の育児をしながら次男を妊娠中の身です。

 

第二子妊娠が判明したばかりの頃はまだ長男は1歳で全く赤ちゃんっ気が抜けなく、当たり前のように抱っこの要求やお腹の上に乗っかってくる事もありました。

 

そりゃそうですよね。

 

この子にはまだわからないのですから。

 

辛かった初期のつわりもなんとか乗り切り、安定期に突入しました。

 

この安定期という言葉にふと思ったのが、安定期なんて本当に存在するのか?という事です。

 

確かに初期流産のリスクは一気に減ります。

 

しかし、お腹が大きくなってくると動きが制限されてきますよね。

 

経験された方ならわかるかと思いますが、胃腸が圧迫されてたくさんの量の食事を摂れなくなります。

 

私自身、たくさん食べたいのについつい食べすぎて苦しくなり動けなくなるなんてしょっちゅうです。

 

おまけに動きすぎるとお腹が張ったり、初めの頃は可愛いなぁと思っていた胎動も、動きが激しくなってくると結構痛みを感じるものです。

 

お腹の張りが強すぎたり頻繁にあると、切迫早産と診断される事だってありますよね。

 

そう考えると、何をもって安定期というのか、とふと思ったのです。

 

そんな妊婦の一人言でした。